1. TOP
  2. 就活は就職するためのものか!?僕がナンパできるようになった秘訣

就活は就職するためのものか!?僕がナンパできるようになった秘訣

就活 恋愛

僕の初ナンパは、見事にうまくいきました。

相手は、僕と同じ就活中の女子大生。

その後も僕はナンパを続けるのですが・・・。

 

===========================

この話は、こちらの続きになります。

まだご覧になってない方は、コチラからご覧ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

僕らは女の子を喜ばせることができる〜僕の初ナンパ体験談

===========================

 

 

初ナンパ成功後、僕は時間を見つけてはナンパを続けていました。

 

上野、東京駅、御茶ノ水、新宿・・・

ナンパのためにあちこち出かけました。

 

 

けど、全然うまくいかないのです。

 

僕が初ナンパに成功したのは、ただのビギナーズラックで、

結局ナンパなんてこんなものだったのかもしれません。

 

 

「結局、うまくいかないのか・・・」

 

 

ナンパなんてやめようと思っていました。

 

僕が恋愛上手になること自体が間違っていたのかもしれません。

 

 

 

 

当時、僕は就活中で、ある会社の選考会に出かけました。

 

場所は乃木坂。

大学生の僕にはちょっと高級な感じのする場所です。

 

その選考はグループ・ディスカッションで、

何かお題を与えられて就活生同士で議論をするわけです。

 

その時に与えられたお題は、

「クリスマスにせんべいの売上を上げる企画を立てよ」

でした。

 

 

ちなみに、あなたなら何て答えます?

 

 

僕は緊張しいの人見知りなので、

ほとんど何も話せなかったんですけど(笑)

 

ちょっとしたひと言で、周りの注目を集めたことは覚えています。

(何て言ったかは忘れましたが・・・)

 

 

 

四苦八苦しながら議論をして、時間が経過して、

その選考会は終わりました。

 

就活をしたことがある人ならわかるかもしれませんが、

こういう時って就活生同士仲良くなりやすいんですよ。

 

 

僕のグループは、9人いて、

男が5人、女の子が4人でした。

 

・・・もうわかると思うのですが、

僕はここで女の子4人からアドレスを聞くことができました。

 

単純ですよ。

 

一緒に帰って、

「アドレス教えてよ」

のひと言で、簡単に聞けるのですから。

 

 

ナンパしている時は、

声をかけるタイミングや声のかけ方など、

準備を周到にしていたのに、就活だとこんなに簡単に聞けるのか。

 

 

ぶっちゃけ、ナンパって割に合わないなー(笑)

なんて思いつつも、僕は1つのことを悟りました。

 

 

 

「就活は、出会える」

 

 

 

思えば、僕の大学の先輩にも、

就活中に知り合った女の子と付き合った人がいました。

 

「就ラブ」なんて言葉もあったほどです。

 

就活は、女の子と出会えるんですよ。

 

 

そのことに気がついた僕は、

就活で説明会や面接に行く度に女の子に声をかけるようになります。

 

他の男がかわいい子を横目でチラ見しているのを知りながら、

僕はその子と話して仲良くなり、連絡先を聞いていたのです。

 

 

ちょっとした優越感がありました(笑)

 

 

 

当時の僕にとって、就活で出会えるというのは、衝撃的でした。

 

それまでの僕は、出会いというのは、

学校やバイト先だけのものだと思っていたのです。

 

あるいは、出会い系サイトとか、ナンパとか。

 

組織に入るか?

出会い目的の活動か?

そのどちらかだけだと思っていました。

 

 

けど、就活のために行った場所でも、

女の子と出会うことができる。

 

別に就活じゃなくても、大学院の留学セミナーとか、

とにかく女の子がいる場所全てが出会いの場なんだ。

 

そのことが、僕にとっては衝撃的だったんですよ。

 

 

 

僕は就活にハマって(意味が違うけど)たくさんの女の子と出会いました。

 

月に30件くらい説明会に参加して、

その全てで女の子に声をかけていましたから。

 

そりゃ、女の子との出会いも増えるよね。

 

 

そうやって女の子との出会いを増やしていくと、気がつくわけです。

 

「これ、説明会に参加しなくてもよくね?」

ということに。

 

僕もスーツを着て、

リクスーを着ている女性に声をかければ、

それだけでナンパが成功するんじゃないか? と。

 

新宿でウロウロしていると、リクルートスーツを着た団体が目につきます。

 

そういった人に、声をかけるわけですよ。

 

 

すると・・・

思った以上に簡単に成功しました。

 

 

「こんなに簡単にうまくいくのか・・・」

 

 

「それまでめっちゃくちゃ苦労していたのは何だったの?」

というくらい、簡単でした。

 

すごい時には、

 

「すいません、駅ってどうやって行けばいいんですか?」

「ありがとうございます」

「ていうか就活生ですよね?」

「僕もなんですよ」

「よかったら情報交換とかしませんか?」

 

と言うだけで、アドレス交換できましたから。

 

 

 

「就活生で成功するんだから、OLでもイケるんじゃないか・・・」

と思い、行動するに連れて、僕はいろんな女性に声をかけるわけです。

 

OL、女子大生、ギャルなどなど。

 

もちろん失敗することもありましたけど、

僕の携帯のアドレスはどんどん増えていきました。

 

 

 

最初、僕はナンパをしても全然うまくいきませんでした。

 

声をかけた瞬間、走って逃げられたこともあったし。

 

 

ただ、僕は就活なら女性と出会えるということをたまたま気づいて、

徐々に活動領域を拡げていったのです。

 

 

もちろん、あなたが今、当時の僕と同じように就活生と出会えるわけではないでしょう。

 

むしろ、リクスーなんて着ていたら、笑われるかもしれません。

 

僕も、既に27歳なので、当時と同じ方法は採れません。

 

 

けど、重要なのはそこじゃなくて。

 

今の自分にできる出会い方を探す、ということが重要なんです。

 

 

毎日が家と会社の往復だったとしても、

女性と気軽に話せるポイントが全くないなんてあり得ません。

 

もしそうだったとしても、

女性と接するポイントは作れるはずです。

 

たとえば、スポーツジムに通うとか。

 

ジムで女性に話しかけるということだって、

そんなに変なことではないでしょう。

(話しかけ方にもよりますけど)

 

 

ジム内で女性と仲良くなることに成功したら、

今度はジムからの帰り道で、同じスポーツジムを出た女性に声をかける。

 

そして、仲良くなる。

 

それができたら、今度は自分が通っていないジムで、

同じことをしてみる・・・

 

 

そうやって、徐々に徐々に、ステップを踏んでいけばいいと思うのです。

 

いきなりストリートナンパを成功させようと思わずに、

まずは自分のできる範囲で女性と出会ってみる。

 

そして、自分のできる範囲を徐々に拡げてみる。

 

 

それが、僕は大事なんだと思います。

 

僕がナンパができるようになった要因は、

そこにあると思うのです。

 

 

 

 

僕はこうしてナンパができるようになったわけですが、

これからトントン拍子で彼女ができたのか?

 

というと、全然違います。

 

僕は、失敗の連続でした・・・。

 

 

次回は、僕の失敗談を話そうと思います。

恋愛は失敗ばかり・・・僕がことごとくフラれた理由

\ SNSでシェアしよう! /

出会いが自然と増えるライフスタイルの注目記事を受け取ろう

就活 恋愛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

出会いが自然と増えるライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Isaki

関連記事

  • もう恋愛なんてしない!と泣きわめく21歳の恋愛逆転劇

  • ここは妖怪の巣窟か?ネット出会い系サイト

  • 僕がストーカー!?アタックし続けた男の末路

  • 初めての方へ:サイトテーマ

  • 恋愛は失敗ばかり・・・僕がことごとくフラれた理由

  • 呪われたオムライス=デートの失敗