1. TOP
  2. 僕らは女の子を喜ばせることができる〜僕の初ナンパ体験談

僕らは女の子を喜ばせることができる〜僕の初ナンパ体験談

女性 喜ぶ

「女の子との出会いを増やそう」

女性慣れするために決意して、行動を始めた僕。

出会い系サイトで出会いを増やそうとしたのですが、ネットは妖怪の巣窟でした・・・。

ネットに見切りをつけた僕は、ある本を目にします。

 

=========================

この話は、こちらの続きになります。

まだご覧になってない方は、コチラからご覧ください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ここは妖怪の巣窟か?ネット出会い系サイト

=========================

 

 

書店の角。

文庫本のコーナーに平積みされた、1冊の真っ赤な本。

ナンパ 本 鍵英之

鍵英之の『モテる男に変わる本』。

 

ペラペラとめくってみると、

「ナンパは男の修業の場」と。

 

 

「そうか! ナンパか!」

 

 

その本を手に取り、レジへ。

(買うのはかなり恥ずかしかったです・・・)

 

家に帰り一気に読みました。

薄い内容だったので、3時間くらいで。

 

 

それから、ナンパへ・・・

繰り出したわけではありません。

 

僕は、行動力が全然ないので(笑)

 

思い立ってから行動に移すまでが長いんですよね。

 

 

1週間くらい経ったころでしょうか。

 

本を読んでから、街ですれ違う女性に目が行くようになりました。

 

「あの子、ナンパしたら仲良くなれるのかな?」

 

そう思うと、ウキウキ感が止まらなくって・・・。

傍から見たら挙動不審だったかもしれませんけど。

 

「ナンパしたい!」

 

そう強く思うようになったんです。

 

 

 

そして・・・

 

3月某日。

 

僕は、東京駅構内に立っていました。

 

ナンパのために。

 

 

 

行き交うたくさんの女性に対して、

「どう声をかけようか?」

そればっかり考えていました。

 

でも、実際には声をかけられなかったんですけど・・・。

 

 

いざ近寄ろうとすると、足が止まる。

 

「いやー、あの人はうまくいかないよ」

なんて知ったようなことを考えながら。

 

地蔵でした。

 

 

 

そうこうしている内に、2時間くらい経ってたんですよ。

 

19時に駅に着いて、時間は既に21時。

 

「もう帰ろうかな・・・」

と思っていた時、赤いコートの女性が目に留まりました。

 

色白で、茶髪、目が大きい感じ。

 

 

「あ・・・」

と思った時、僕の足は動き出し、

 

「すいません、浜松町の駅ってどう行けばいいですか?」

 

 

 

その女性の目には、かわいそうな田舎者のように見えていたでしょう。

 

優しく「あそこの4番線のところに乗れば大丈夫ですよ」と教えてくれ、

僕はお礼を言ってその場を去りました。

 

一応、4番線のエスカレーターに乗りながら、

「声をかけられた・・・」

という満足感に浸っていました。

 

 

 

これ、イケるんじゃね?

 

 

 

なんとなく、ナンパに光明が見えたんですよ。

 

成功するかもしれない、という。

 

 

 

それから、また僕は構内をウロチョロと歩き回ります。

 

そして、ある女性に声をかけることにしました。

 

 

当時、僕は就活生。

 

そして、その女性はリクルートスーツを着ていました。

 

 

「同じ就活生なら成功するかもしれない・・・」

 

 

共通点があったら、話が発展するかもしれないじゃないですか。

 

そんなことを期待して、声をかけたんですよ。

 

 

 

「すいません、浜松町の駅ってこれで合ってます?」

 

4番線に向かうエスカレーターに、その女性は乗りました。

僕はその瞬間に、声をかけたんです。

僕もエスカレーターに乗って、後ろから。

 

 

「え・・・あ、はい。行くと思いますよ」

 

若干引きつったような笑顔で女性は答えてくれました。

 

たぶん、僕の顔は緊張でひどい感じだったんでしょう。

 

 

「あ、本当ですか? ていうか、就活生ですか?」

「はい」

「あ、そうなんですか? 僕も就活生なんですよ、今日は面接?」

「あ、いえ、説明会で」

「へー、どんな企業見てるんですか?」

 

こんな会話をしてから、エスカレーターを登り、

ホームに出て・・・

 

 

「あの、全然こんなつもりじゃなかったんですけど。

よかったらアドレス教えてもらえませんか?

すごくタイプだったので」

 

 

ダメ元で、言ってみたんですよ。

 

すると・・・

 

「私ですか?」

と、まんざらじゃない表情。

 

「はい、すごいタイプだったんで」

「いやいや、いいですよ」

 

 

 

マジか!!!!!

 

 

驚いている暇なんてありませんでした。

 

とにかく、アドレスを交換しないと・・・。

 

 

ナンパして、成功して、

それまでは僕は女性から拒絶されてばっかりだったんですけど、

女性から初めて受け入れられたような気がしたんです。

 

それが、ものすごくうれしくって。

 

 

この時の体験があったからか、

僕はナンパに病みつきになりました。

 

 

声をかけたら、アドレスが聞ける。

女の子と仲良くなれる。

女の子が、喜ぶ。

 

 

知ってました?

 

僕らって、女の子を喜ばせることができるんですよ。

 

 

そのことが、僕はすごいうれしかった。

 

 

 

それから、僕はどんどんナンパをするようになるのですが・・・

実は今回はビギナーズラックで、この後はナンパは全然うまくいかないのです。

 

しかし、あることをキッカケにナンパが成功するようになります。

そのキッカケとは・・・

就活は就職するためのものか!?僕がナンパできるようになった秘訣

\ SNSでシェアしよう! /

出会いが自然と増えるライフスタイルの注目記事を受け取ろう

女性 喜ぶ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

出会いが自然と増えるライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Isaki

関連記事

  • 初めての方へ:サイトテーマ

  • 僕がストーカー!?アタックし続けた男の末路

  • 呪われたオムライス=デートの失敗

  • ここは妖怪の巣窟か?ネット出会い系サイト

  • 恋愛は失敗ばかり・・・僕がことごとくフラれた理由

  • もう恋愛なんてしない!と泣きわめく21歳の恋愛逆転劇