1. TOP
  2. 現実の洗礼を受けた・・・

現実の洗礼を受けた・・・

男 真価

男の真価って、どういう時に決まると思いますか?

 

・肩書き?

・顔?

・才能?

 

いやいや、そんなんじゃないですよ。

 

男として本当の価値が決まる時。

それは、

 

【つらいことが起こった後の対応】

 

です。

嫌なことやつらいことがあったとき、

逃げるのか? 立ち向かうのか? めげないのか?

というところで、価値が決まるんですよ。

 

 

たとえば、彼女に振られた時とか。

 

僕も、初めての彼女に2ヶ月で振られた時、

人生のどん底にいるような気分でした。

 

僕が初めて付き合った女性は、21歳の時。

友人に紹介された女の子でした。

 

「女の子と会ってみない?」

 

と言われ、二つ返事で了承。

当時、僕は誰とも付き合ったことがないし、

女の子との出会いもなかったので、即返答しました。

 

「はい、会わせてください」

 

とまで言いましたから。

へりくだりました。

 

 

その友人も女の子も、僕と同じ大学だったので、

大学の食堂で会うことに。

 

ただ・・・

僕の印象、最悪でしたね(笑)

 

緊張して全然話さないし、

ムスッとしてたし、

友人のフォローをシカトするし。

 

「お前何しに来たの?」

 

というレベルでした。

 

 

でも、向こうの女性が優しい人だったので、

次第に打ち解けることができたんです。

 

帰り道が同じ方向だったので、その日は一緒に帰ることに。

 

そして、後日デートに行く約束もしました。

 

 

そのデートも、相当失敗したんですけどね(笑)

 

でも、彼女はそれでも楽しかったみたいで、

「また行きましょー^^」

みたいな話に。

 

どうしていいかわからなかったんですけど、

一人で相当舞い上がっていました。

 

その頃の友達との話題は、

僕と彼女との行く末で持ちきりでしたね。

 

 

そして、2回目のデート。

 

池袋の水族館に行き、そして展望台へ・・・。

 

そこで告白するというね(笑)

今ならありえない流れですが、

当時の僕はすげー一生懸命だったんですよ・・・。

 

ガッチガチでした。

手は、声は、震えていました。

相手の目なんて見れませんでした。

 

 

それでも・・・

 

OKをもらえたんですよ。

 

「付き合いましょう^^」

みたいな。

 

 

すげーうれしかったですよ。

 

初めての彼女。

その頃、僕は毎日その子のことばかり考えていましたから。

ぶっちゃけ、大好きでした。

 

その子と付き合えるのだから。

これがうれしくないわけがない。

 

 

それからの時間は、本当に楽しかったです。

 

クリスマスでプレゼントを初めて選ぶとか、

大晦日は一緒に年越したりとか、

正月に横浜出かけたりとか。

 

他人の恋愛話って興味ないと思うんですけどね(笑)

 

でも、めちゃくちゃ楽しかった。

 

 

まあ、そんな思い出も、

たったの2ヶ月で終わってしまうのですが・・・。

 

付き合って、2ヶ月で振られる。

 

思ってもみなかったことでした。

 

 

池袋の駅で、本気で泣きましたから(笑)

 

いや、今でこそ笑えていますけど、

当時は死にそうになっていました。

 

何も喉が通らず、1週間で4kgやせましたからね。

 

 

それから1ヶ月くらい経ったころでしょうか?

 

「あ、俺、今終わってるわ」

 

と思い立ったのです。

ふと、自分のことを客観的に見れたというか。

 

その後、バイト先を探して、

また人生のどん底レベルのみじめな経験をするのですが・・・。

 

 

彼女に振られて僕が始めたことは、ランニングでした。

 

この頃はまだナンパしようと思わなかったんですが、

次に出会う女性にはもっと格好いいところを見せようと。

 

今のダラダラしたままじゃダメだ。

 

そう思って、とにかく痩せようと思って、

ランニングをしたのです。

 

当時の僕は、すごいだらしない姿でしたから。

 

 

 

現実は、やっぱりうまく行きません。

 

いちご100%みたいなトントン拍子の恋愛話なんて、

あるわけがないんですよ。

 

そういうのを、僕は、

現実の洗礼

と呼んでいます。

 

僕も、数え切れないくらい現実の洗礼を浴びてきました。

 

めちゃくちゃ愛情を注いだ彼女に浮気されたり、

訳のわからない理由で振られたり、

いきなり連絡が取れなくなったり・・・。

 

けっこう傷ついています。

 

元々が弱い人間ですからね。

 

 

でも、それで

「つらいよー」

と泣いていたら、いつまでもそのままです。

 

辛い気持ちに、埋没していたらダメなんですよ。

 

 

だから、つらいことがあった時こそ、

自分の価値が試されていると思って、

立ち向かわないといけないんです。

 

当時、僕は1ヶ月くらい立ち止まってしまいましたが、

その後一年発起してランニングを始めました。

 

その後もバイト先でストーカー扱いされたり、

いろんなことがありました。

 

その時こそ、

「自分の価値が問われているんだ」

と思い、男を磨こうとひたすら行動を起こしました。

 

 

今、あなたもつらい状況に直面しているかもしれません。

 

でも、そんな時こそ、

埋没せずに行動を起こしましょう。

 

あなたの本当の価値を発揮するために。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『ルックスに自信がなくても女性を口説ける!!

脈なし女性を口説くための3つの戦略』

を配布中。詳しくは、こちらをクリック!

⇒無料プレゼント案内ページへ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

\ SNSでシェアしよう! /

出会いが自然と増えるライフスタイルの注目記事を受け取ろう

男 真価

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

出会いが自然と増えるライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Isaki

関連記事

  • 【ナンパ指導日記8】楽しい粘り方を極めろ

  • 【ナンパ指導日記4】女性の選び方

  • ナンパ失敗・・・渋谷で看護学生と

  • 東大でナンパした話

  • ぶっちゃけ、見た目でしょう

  • その髪型、似合ってますか?