1. TOP
  2. 「恋愛メール大百科」を購入した理由

「恋愛メール大百科」を購入した理由

恋愛メール大百科 購入理由

「メールの返信がない理由、わかりますか?」

 

女性とLINEやメールをしていて、

「返信がない」

という状態が一番嫌じゃないですか?

 

僕もナンパした女性から返信がないと凹みますし。

それもカフェに連れ出していい感じに話していた女性から返信がなかったら、

めちゃくちゃダメージが来ますね・・・。

 

そうならないために、

「メール技術を磨きましょう」

という思いから、

僕は『恋愛メール大百科』という教材を紹介しています。

 

 

その教材を購入された方は、

なぜ購入したのか?

 

 

Hさんの購入理由

 

==================

伊佐木さんのブログをずっと読み続けて、今もずっとナンパに励んでいます。

 

読んでると、

やっぱりナンパやらなきゃ損だな、女の子としゃべるの楽しいな、

って思います。

 

連れ出しとかアドレス交換とか何気にできるようになったのですが、

メールで失敗続きでちょっとへこんでます。

 

とりこぼしをするのは損だと思うようになったのと、

メールを勉強したくて今回購入しました。

 

僕は相当メールがダメだとわかりました。

 

感情に沿って会話できるようになりたいので、

LINE添削などアドバイスよろしくお願いします。

LINE術、実例も隈なく読んで勉強します。

 

伊佐木さんのおかげで、女性と話すことが快感でほんと生まれかわりました。

==================

 

やっぱりナンパって楽しいですよね。

 

「うお、あの子かわいい・・・」

って思うことってあるじゃないですか。

 

僕なんか毎日思っていますし、

1日に何回もそう思うことがあります。

 

そんなかわいい子に声をかけて楽しい時間を過ごせる。

それって男として最高に楽しい時間だと思うのです。

 

そういう時間を積み重ねると、

自分に自信が持てるようにもなりますし、

人生の他の面でも充足されるんじゃないかなーと。

 

Hさんは、僕のブログを読む前と比較して、

女性と楽しく話す時間が増えたようです。

 

前よりも、楽しい時間が増えて良かったです^^

 

 

そして、次の問題が浮かんできて・・・

メールがうまくいかない、

連絡先を聞いても次につながらない。

そんな悩みを抱えていた。

 

「相当メールがダメだとわかりました」

と仰っていますが、そういうところが、

彼が恋愛メールについて学ぼうとしたキッカケのようです。

 

 

僕は常日頃から

「試行錯誤が何よりも大切だ」

と思っているのですが、

そのためには現状理解が必要です。

 

自分の欠点を客観的に把握することが、必要なのです。

 

Hさんは、自分の失敗経験から、

自分の欠点を把握したんですね。

 

そういう人って、僕は伸びると思います。

 

僕もサポートするので、一緒に頑張りましょう。

 

 

 

続いて、Fさんの購入理由。

 

==================

伊佐木さんのブログから
恋愛メール大百科の存在を知り、購入させて頂きましたが、
タメになる内容で購入してよかったと思います。

 

自分ですが、LINEやメールのやり取りについて、
うまくいかせたい、と思う人ほど、
迷いに迷って文面を作成し、結果、微妙な展開となることが多いです。

 

そういう意味で、伊佐木さんのプレゼントを是非、受けたいと思いますので、
よろしくお願いします。

==================

 

Fさんも、やはりLINEのやり取りで悩んでいるようですね。

 

「うまくいかせたい、と思う人ほど、

迷いに迷って文面を作成し、結果、微妙な展開となることが多いです」

 

僕もそうなんですが、

LINEってアレコレ考えれば考えるほど、

うまくいかないんですよね。

 

やっている本人からしたら、真面目に考えているので

「なんでうまくいかないんだ・・・」

と、答えが出てこないんですよ。

良かれと思ってやっているので。

 

そういう場合、もはや自分で考えても答えは出ないと思います。

一生懸命考えた結果がダメだったのなら、

もうそこが限界なのかなと。

 

だから、他人から学んだ方がいいんですよね。

 

新しい考え方や視点を取り入れて、

発想を切り替えた方がいいアイデアが浮かびやすい。

 

すると、成功もグッと近づくんじゃないかと。

 

 

既にFさんからはLINE添削の依頼が来ていて、

 

==================

早速の添削ありがとうございます。
とてもタメになりました!
恋愛メール大百科を読んで、LINEのやり取りの方向性について
漠然としたイメージはできたのですが、
今回の添削でそれが具体的なイメージとしてわかりました。

 

添削の仕方については厳しい言い方で全然問題ありません。
むしろ、その方がタメになります。

 

あと、上から目線というご指摘については、おっしゃる通りでして
かなり年が離れていたので、あえて大人キャラでいこうと、
そういう口調になってました。

 

あと、暴走しているというのも、いわれてみると納得です。。
自分が「こう書いたら面白いだろ」とか「こう書いたらいい人と思われるだろう」
みたいな感じになっていて、向こうの発言とうまくキャッチボールできてなかったですね。。

 

あとは、返信に時間をあけすぎ、、というのも、
あえてそうしているところが多々ありで、
やり過ぎかなー、という反省はあります。

 

とりあえず、もうちょっと続けてみようかなと思います。

==================

 

という感想を頂いています。

 

「とてもタメになりました!」

と言っていただける辺り、

僕も答えてよかったなと思います。

 

 

LINE添削は、僕からの恋愛メール大百科を購入した方への、

目玉のプレゼントだと思います。

 

FさんへのLINE添削も、

事細かに指摘しましたので。

 

・どこかダメなのか?

・なぜダメなのか?

・良かったところはどこか?

・なぜ良かったのか?

・同じ状況であれば、伊佐木ならどう送るか?

 

ということを書いていたら、1人の女性とのやり取りで、

僕は2時間以上かけて、6179文字の回答をしていました。

原稿用紙21枚分。

 

このサイトも1つ1つのコンテンツが長いと思いますが、

それでも3000文字を超えたことはありません。

 

それが、たった1回のやり取りで倍以上の文字数・・・

2時間以上かけて回答・・・

それほど、僕も本気でサポートに取り組んでいるということ。

 

 

教材を読んでもうまくモテない・・・

そう思ったことはないでしょうか?

 

その理由は、

「イメージできないから」

だと僕は思います。

 

Fさんも、

「恋愛メール大百科を読んで、LINEのやり取りの方向性について
 漠然としたイメージはできたのですが、
 今回の添削でそれが具体的なイメージとしてわかりました」

と仰っていますが、

やっぱり教材を読むだけじゃわかりづらいんですよね。

 

だから、実際に失敗した経験について、

いろいろとコメントすることで、

具体的なイメージとなって成長につながるのかと。

 

僕もそのために、サポートに真剣に取り組んでいます。

 

 

僕は恋愛教材を初めて買った時に驚いたのですが、

誰も真剣にサポートしないんですよ。

 

購入するときは、

「困ったことがあったら私に質問してください。

あなたの疑問を全て解消します」

とか言っているくせに、

実際に質問しても返信がない・・・。

 

いやいや、明らかに契約違反じゃん

って思うのですが、恋愛教材の紹介者なんてその程度ですよね。

 

「教材に書いてあるでしょ?ちゃんと読んでください」

って言われたこともあるし。

 

そういうのが許せなかったこともあって、

僕はサポートには真剣に取り組むことに決めて、サポートをつけています。

 

 

もしあなたが、

 

・返信がないことで悩んでいる

・デートにつながらない

 

と、女性とのLINEで悩んでいるのなら、

恋愛メール大百科の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

⇨恋愛メール大百科レビューページへ

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『ルックスに自信がなくても女性を口説ける!!

脈なし女性を口説くための3つの戦略』

を配布中。詳しくは、こちらをクリック!

⇒無料プレゼント案内ページへ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

\ SNSでシェアしよう! /

出会いが自然と増えるライフスタイルの注目記事を受け取ろう

恋愛メール大百科 購入理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

出会いが自然と増えるライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Isaki

関連記事

  • ナンパ地蔵になる人の理由

  • ナンパ上達の秘訣:報告メールをしよう

  • 千葉駅で見た下手なナンパ

  • ナンパマニュアルを買ってみた!

  • ナンパ実録会話:新宿三丁目での攻防

  • 女性に逆らわせない技術 *講座開催のお知らせ