1. TOP
  2. 恋愛のセンス=LINEのテクニック

恋愛のセンス=LINEのテクニック

lineline

あなたは、この2人の違いがわかりますか?

 

・恋愛教材なんて読んだことないけど、次から次に彼女を作る男性

・恋愛教材もいろんなものを読んだけど、全然彼女ができない男性

 

彼らの違いは?

 

 

ちょっと考えてもらいたいです。

 

やっぱり、自分の頭で考えて、自分なりの答えを持つって、すごい重要なんで。

 

 

考えました?

 

では、僕の回答。

 

 

【恋愛のセンスの有無】

 

 

恋愛のセンスがあるか、ないか?

この2人の違いは、そこです。

 

「絶対に結果の出るノウハウ!」

として恋愛教材って売られていますよね?

 

「90日以内に彼女が出来なければ、全額返金します」

みたいな、よくわからない自信を見せてきたりして。

 

実際、僕が読んでみて、

「あ、確かにいいこと書いてあるな」

って思う恋愛教材もあるんですよ。

作者の妄想爆発で書かれたものもありますけどね(苦笑)

 

でも、そんないい恋愛ノウハウも、読む人にセンスがなければ意味はない・・・。

 

 

「モテない奴が悪いのか?」

「恋愛を学んでも結局モテないままということ?」

というのは、僕が言いたいことではありません。

 

僕が言いたいことは、

「じゃあ、恋愛のセンスって何なのさ?」

という話。

 

恋愛ノウハウを学ぶ必要もあるけど・・・。

 

それ以上に。

 

恋愛のセンスを磨く必要がある。

 

 

恋愛のセンスとは?

という話を理解してもらうために、ちょっと具体例を出します。

 

 

例1:ナンパした表参道の専門学生

 

表参道で声をかけ、近くのカフェに連れ出し、

距離感が中々縮まらなかったのでその場で解散。

 

後日メールからデートを狙う流れですよね。

 

そのときの僕のメールを一部抜粋すると・・・

 

==============

 

伊佐木「昨日はありがと

 

つーかわかる?」

 

女性「わかりますよー!」

 

伊佐木「まじか、記憶力いいね

 

つーか昨日のことだから忘れねーか(笑)」

 

女性「記憶力がいいんです!」

 

伊佐木「はいはい(笑)

 

つーか今日学校?」

 

女性「そうでーす!

授業中でーす!」

 

伊佐木「ちゃんと受けろよ(笑)」

 

女性「だってつまんないんだもん・・・」

 

伊佐木「授業といい仕事といい、なんでこんなにつまんないんだろうな・・・」

 

女性「そっちも仕事はー??」

 

伊佐木「上司の目をかいくぐるのに一生懸命(笑)

 

そろそろ限界だからやるか。

 

じゃ、またね」

 

 

(2日後)

 

 

伊佐木「うぃっす、今日も授業?」

 

女性「今日は休み!バイト!」

 

伊佐木「まじか、何してんの?」

 

女性「普通にコンビニですよ」

 

伊佐木「まじか、誰もレジ並べねーだろ・・・」

 

女性「ちょっと!どういう意味!?」

 

伊佐木「神々しすぎて並べないという意味です、はい」

 

女性「ならよろしい^^」

 

 

(2日後)

 

 

伊佐木「めっちゃ雨降ってんな

 

雨女でしょ?」

 

女性「どっちかって言うと晴れ女」

 

伊佐木「さすが、神々しいね

 

今日もバイト?」

 

女性「神々しい(笑)

 

ううん、今日はこれから友達と買い物ー」

 

伊佐木(やや時間を空けてから夜に)「いいもん買えました?」

 

女性「買えたー!めっちゃかわいいワンピース!

 

でも着て行く機会なし(笑)」

 

伊佐木「そりゃ、彼氏と行きなはれ」

 

女性「だから、いないって・・・」

(ナンパした当日、彼氏がいないということは確認済みです)

 

伊佐木「・・・」

 

女性「おい!」

 

伊佐木「じゃあどっか飯食いに行くか」

 

女性「いいですねー!行きましょー」

 

==============

 

 

もう1つ、具体例を挙げます。

 

例2:お茶の水の女子大生

 

この子も、ナンパしてカフェに連れ出し会話をしたんですが、

イマイチ距離感が縮まらなかったので、その場で解散。

 

後日、メールからデートを狙うという流れになりました。

 

==============

 

伊佐木、メールを送らず2日放置。

 

女性「ねー、もう就活ダメだよー」

 

伊佐木「じゃ、飲みに行くか」

 

女性「うん!」

 

==============

 

例1と例2の違い、わかるでしょうか?

 

もし例1と同じにするのなら、例2で女性からメールが来た後、

いろんな雑談をして何日かしてからデートに誘います。

 

逆に、例2と同じにするのなら、例1で返信が来た後、

すぐにデートに誘うでしょう。

 

けど、僕は女性への対応を変えた・・・。

 

その意味はわかりますか?

 

 

距離感の違い?

 

いいえ、ナンパをしたときは、

どちらの女性も僕に強い興味を示していませんでした。

 

むしろ、例1の女性の方が、強い興味を持っていたくらいです。

 

 

例1と例2の違い。

 

それは、【女性の感情】です。

 

 

例1の女性の場合、

僕とやり取りをすることで、

特に感情が動いたりはしていませんでした。

 

だから、まずは女性に、

「この人とやり取りをしていると楽しい!」

と思ってもらう必要があります。

 

感情を高ぶらせてもらう必要があるわけです。

 

つまらない人とデートをする女性なんていませんから。

 

最初に女性をデートに誘っても、実現しなかったでしょう。

 

 

他方、例2の女性。

 

女性の方から、

「就活ダメだよー」

と送って来ています。

 

その前にナンパしたときの会話から合わせて、

「この子は今、憂さ晴らしをしたがっている」

と判断しました。

 

だから、一気に誘ったのです。

 

逆に、まどろっこしいやり取りをしていたら、

デートが実現していたかどうか・・・

怪しいですね。

 

 

僕もこのサイトで言っているように、

LINEで既読スルーをつけたり、やり取りをこちらから終わらせたりするのは、

女性に対して強烈な印象を生むわけです。

 

だから、例1の女性に、僕はそのテクニックを多用していますよね。

 

 

けど、例2の女性からのメールを無視したら、

「もう、いいや」

と思われるだけです。

 

女性は、もう飲みに行く気になっているのだから。

 

 

「恋愛のテクニックは、恋愛のセンスがない人が学んでもあまり意味がない」

 

僕は、最初にこう言いましたが、

なんとなく意味がわかってきたでしょうか?

 

恋愛のテクニックは、女性の感情に沿って使わないと、意味がないんです。

 

つまり、恋愛のセンスというのは、

女性の感情を読み取る能力のこと。

 

これができる人は、ナチュラルに持てます。

逆にこれができないと、どんなに学んでも空回りするだけ。

 

 

恋愛教材を読んでいると、

すげーいいノウハウが書いてあるんです。

 

でも、結果が出る人と出ない人がいる。

 

その違いは、恋愛のセンスに違いがあるからなんです。

 

けっこう、そこをすっ飛ばして解説していたりするので、

すごくもったいないなー、と思うわけです。

 

まあ、そんな風に言ってもあなたに何のメリットもないので。

 

 

あなたがするべきことは、

恋愛のセンスを磨くことです。

 

つまり、女性の感情を読み取ること、理解すること。

 

その上で、恋愛テクニックを学ぶ。

 

すると、劇的に変わりますよ。

 

女性の感情を適切に読み取って、

最も効果の高いテクニックを使う。

 

そうしたら、めっちゃくちゃモテると思いませんか?

 

 

女性を口説くときには、

女性の感情に沿って。

 

これが、僕は基本だと思います。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『ルックスに自信がなくても女性を口説ける!!

脈なし女性を口説くための3つの戦略』

を配布中。詳しくは、こちらをクリック!

⇒無料プレゼント案内ページへ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

\ SNSでシェアしよう! /

出会いが自然と増えるライフスタイルの注目記事を受け取ろう

lineline

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

出会いが自然と増えるライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Isaki

関連記事

  • イベントナンパは成功しやすい

  • ナンパのモチベーションが上がらないときは

  • 伊佐木大介の初ナンパ〜東京駅構内〜

  • 僕がネットナンパpairsに挑戦する理由

  • 錦糸町のコンビニで見つけたDQNのナンパとLINEの教訓

  • 男の価値は、口説く女で決まる