1. TOP
  2. ナンパ失敗会話例〜唐突に展開させると会話は不自然になる〜

ナンパ失敗会話例〜唐突に展開させると会話は不自然になる〜

ナンパ失敗会話例

=================

伊佐木「ね、ね、ちょっといいですか?」

 

女性:イヤホンを取りながらこちらを向く

 

伊佐木「新宿区役所ってどっちかわかります?」

 

女性「あー、向こうですね」

 

伊佐木「あ、逆っすか?」

伊佐木「向こう行って?」

 

女性「そこを左に曲がると、大きい通りに出るので、右に曲がって・・・」

 

伊佐木「あ、まじっすか、わかりました、ありがとうございます。

つーかすげーいい人ですね。

俺199人に道聞いて、初めてですよ、道教えてくれたの」

 

女性「え、そんなに?笑」

 

伊佐木「マジで、新宿の人ってみんな秘密主義なんですかね?」

 

女性「笑」

 

伊佐木「つーかバッグおしゃれ、どこで買ったんですか?」

 

女性「え・・・忘れました」

 

伊佐木「マジで?もうセレブになるとバッグどこで買ったか忘れちゃうんですね」

 

女性「ちょっと急いでるので」

=================

 

先日、新宿のマルイメンズ館の辺りでナンパしたときの会話。

 

道を聞いているところから、いきなりバッグの話に移って、唐突ですよね。

 

これだと会話が不自然になってしまって、女性も警戒してしまいます。

 

結果、ナンパは失敗に・・・。

 

 

ナンパを始めたばかりの頃は一生懸命なので、会話もその場の雰囲気に沿って、

流れに合わせた会話ができるのです。

 

というか、それしかできないので。

 

 

けど、ナンパに慣れてくると・・・。

 

お決まりの会話のパターンを、流れ作業のように出して行くだけ。

 

すると、会話が流れに合わなくなって、唐突な会話展開になってしまいます。

 

当然ですけど、会話が不自然になって女性が違和感を覚えるのです。

 

繰り返しますけど、それはナンパが失敗する原因になります。

 

 

今、僕が経験している段階がここで、ちょっと上手く行き出した頃なんですけど、

ハマるときはすごいハマるんですけど、ダメなときは全然ダメ。

 

平たく言えば、すごい雑なナンパになっているということ。

 

これ、経験ある人はいると思いますし、もしかしたら、

今あなたがこの段階にいるかもしれません。

 

 

原因は、お決まりのパターンを出すだけの会話になっていることにあるので、

ちゃんと目の前の人と会話をしようという意識を持つこと。

 

 

ナンパを繰り返しているとわかると思うんですけど、

会話ってパターンが決まっているじゃないですか。

 

道聞き⇒教えてくれる⇒相づちユーモア⇒再度教えてくれる

⇒共有スペースから世間話⇒オファー

 

道聞き⇒わからないと断られる⇒迷っているユーモア⇒調べてくれる

⇒お礼、褒めユーモア⇒共有スペース⇒オファー

 

道聞き⇒調べてくれる⇒褒めオファー⇒世間話、共有スペース⇒オファー

 

だいたい、この3パターンに会話が分かれますよね。

 

具体的には、こういうのを参照してくれたらと思います。

 

 

パターンが決まっているから、流れ作業みたいになりがちなんですよね。

 

でも、本来会話は生き物で、アドリブこそが本当なんですよ。

 

僕らは慣れているから、パターン化しているだけで、

女性にとっては初めての経験。

 

そのことを忘れてはならないです。

 

 

相手目線に立ったコミュニケーションを。

 

そうすれば、意識が変わってパターンで会話せず、

目の前の人を意識した会話ができるようになるはず。

 

この壁を乗り越えようと、僕も必死です。

 

一緒に頑張りましょう。

 

 

⇨本屋でのナンパ実例

\ SNSでシェアしよう! /

出会いが自然と増えるライフスタイルの注目記事を受け取ろう

ナンパ失敗会話例

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

出会いが自然と増えるライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Isaki

関連記事

  • 社会のルールを守って覆そう:店員ナンパの基本

  • ナンパ地蔵になる人の理由

  • 女性に嫌われるというテクニック

  • ナンパ地蔵を脱出する方法

  • ナンパテンプレートを真似しても成功しないんだけど?テンション上げて声かけしよう

  • 美人が口説けない・・・なら、この方法試してみなよ!