1. TOP
  2. 新小岩でのナンパ:道聞きナンパから1アドゲ

新小岩でのナンパ:道聞きナンパから1アドゲ

新小岩でナンパ

新小岩でナンパしてきました。

 

ちょっと行く用事があったんですけど、その帰りに

「人が多い・・・ていうか女の人が多い」

ということに気がつきまして。

 

人が多ければ、当然美人も中にはいるわけで、

美人を見かけたら声をかけるのは、僕のルールですから。

 

ナンパをせざるを得なかったわけです。

 

 

結論から言うと、女子大生1年からアドレスを聞いてきました。

 

 

新小岩って大学があるんですね。

 

初めて知りました。

 

それも、女子が多いような学部の。

 

けっこうテンション上がっちゃいましたよ。

 

まあ、あまり女子大生には声をかけず、OLっぽい女性に声かけてたんですけど。

 

そっちの方がタイプが多かったので・・・。

 

 

成功した女子大生との会話をシェアします。

 

=================

 

伊佐木「すいません、ちょっといいですか?」

 

女性:歩きながらこっちを見る。

 

伊佐木「この辺で、郵便局ないですか?探してるんですけど」

 

女性「郵便局ですか?」

 

伊佐木「はい」

 

女性「この道を真っすぐ行って、大きい通りに出るんで、

そこを右に曲がると着きますよ」

 

伊佐木「はい、はい、・・・あの、今方言聞くのに一生懸命でわかんなくなっちゃったんですけど」

 

女性「笑 あ、この道を真っすぐで、大きい通りに出たら右です」

 

伊佐木「あ、はいはい、なるほど。ありがとうございます。

今、ちょっとイラッとしませんでした?」

 

女性「笑 してないです」

 

伊佐木「あ、本当ですか?一瞬冷たい目したんで。

もう、すごい、生ゴミ見るような目でしたよ」

 

女性「笑」

 

伊佐木「今仕事帰りとかですか?」

 

女性「いえ、学校帰りで」

 

伊佐木「あ、ホント?学生さんなんですか?

・・・中学生とか」

 

女性「笑 違います、大学生です」

 

伊佐木「すごい、大人じゃないですか。だと思いました」

 

伊佐木「もう帰る感じですか?」

 

女性「あー、はい」

 

伊佐木「あ、ホント?ちょっとそこ行きません?」

(近くにある小料理居酒屋を差しながら)

 

女性「いやー」

 

伊佐木「ま、あそこはちょっと嫌ですよね。

つーかもう帰って寝るだけでしょ?」

 

女性「えー」

 

伊佐木「帰って、歯も磨いた方がいいですよ」

 

女性「笑」

 

伊佐木「もうコーヒー飲むとか面倒じゃないですか、早く帰りたいですよね」

 

女性「そうですね」

 

伊佐木「じゃあちょっとアドレス教えてくださいよ」

 

女性「え・・・」

 

伊佐木「あ、メール送られると思ってます?僕絶対送んないですよ」

 

女性「意味ないじゃないですか」

 

伊佐木「逆に着拒しちゃいますからね」

 

女性「笑 逆に?」

 

伊佐木「はい、じゃあちょっと打ち込んで」

 

=================

 

という具合に、アドレスを聞いてきました。

 

新小岩でもナンパできるんですね。

 

あまりナンパのイメージがないかもしれませんが、

ナンパってどこでもできます。

 

女性がいるところがナンパするところですから、

あなたも好みの女性を見かけたら声をかけてみてはいかがでしょうか?

 

 

⇨表参道でしたナンパがうまかった(自慢です)

\ SNSでシェアしよう! /

出会いが自然と増えるライフスタイルの注目記事を受け取ろう

新小岩でナンパ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

出会いが自然と増えるライフスタイルの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Isaki

関連記事

  • ぶっちゃけ、見た目でしょう

  • ナンパは第一印象が重要?

  • 道聞きナンパか?直接法か?どっちがいいの?

  • ナンパを楽しんでいますか?

  • 雨の日のナンパの仕方

  • あの子が手をつないだのは、なぜ?